読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元銀座のママと元小学校教師がPTA会長になって、ブラックPTAの改革に挑んでみた。

ブラックPTA改革に挑み、旧役員とママカーストと戦った元銀座のママと元小学校教師の記録です。

PTAは893?

ここで、学校側がPTAを本音ではどう見ているのか?

元小学校教師の目線から

少し書いておきたいと思います。

 

まず、多くの保護者が勘違いしているのは

PTAは学校組織の一部ではなく

あくまでも外部の協力団体です。

 

そして、学校とPTAの関係は

企業とヤクザの関係に似ています。

 

教師はただの地方公務員であり

実は親や祖父母も教員という

世間知らずなお坊ちゃま&お嬢さまが非常に多いです。

 

そんな人間が

百戦錬磨のモンペに勝てるはずもありません。

 

そこで、地域の重鎮たちが仕切るPTAに

さまざまなトラブルを解決してもらっていたのです。

 

なので、「校長先生にPTA退会を申し出たら、拒否された」と聞きますが

 

実質的な力関係はPTA会長の方が上で

学校の言う事を聞く、まともな保護者には校長が対応し

それ以外のモンペをPTAが管理するのが一般的だったのです。

 

しかし、それも過去の話。

人口流動と地方の弱体化により

重鎮と呼ばれる人も高齢化し

地域の自警団としての力は落ちて

モンペが学校に押し寄せる一方

 

PTAの古いシステムだけが残り

そして、ついにはモンペがPTAを支配し

集団心理を利用して、まともな親をこき使う

ブラックPTAが完成したのです。