読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元銀座のママと元小学校教師がPTA会長になって、ブラックPTAの改革に挑んでみた。

ブラックPTA改革に挑み、モンペとママカーストと戦った元銀座のママと元小学校教師の記録です。

PTA改革「3つの壁」

PTA改革を進めるにあたって

越えなければならない「3つの壁」がありました。

 

  1. 任意周知(入退会手続きの整備)
  2. 会費の現金集金
  3. 組織の再編成

 

第1の壁「任意周知(入退会手続きの整備)」

私が所属していたPTAも、会則に入退会に関する規約はなく

現在も完全な強制加入状態となっています。

 

第2の壁「会費の現金集金」

これも多くの学校と同じように、給食費との合算引落しが行われていました。

ここで大きな問題となったのは、給食費未納の家庭からは集金できておらず

個人情報の関係で、PTAは未納者の把握すらできていない状況だったのです。

しかも、学校側はそれを長年不正会計で誤魔化すという

信じられない事実が発覚します。

 

第3の壁「組織の再編成」

本校のPTA内は4つの部で構成されていますが

部による作業量の差が大きく

楽な部に希望が集中し、作業量の多い部は懇談会でくじ引き決定し

なすり付けるという地獄絵図が30年以上も続いていました。

 

この壁を越える為、苦心の改革作業が始まったのですが

それぞれの壁の前には、とんでもない敵が待っていたのです…