読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元銀座のママと元小学校教師がPTA会長になって、ブラックPTAの改革に挑んでみた。

ブラックPTA改革に挑み、旧役員とママカーストと戦った元銀座のママと元小学校教師の記録です。

見えない鎖-呪いの言葉とPTA-

私は無宗教ですが

十数年に渡って個人的なお付き合いさせて頂いている

占い師の方がいらっしゃいます。

彼女から占い師が使っている心理的なテクニックについて

教えてもらった事があります。

 

「逃げられないようにするには、不安を煽ればいい。」

 

〇木〇子氏が盛んに「地獄に落ちるよ!」と言っていましたが

あれは同業者から見れば、倫理上許されない反則技で

 業界では非常に評判が悪かったそうです…

 

また、近年発生している凄惨な監禁事件も

外界からの情報を遮断し、恐怖と不安を煽ることで

自ら逃げる意欲を奪います。

 

PTAにも不安を煽る呪いの言葉が溢れています。

「PTAを退会すれば子どもがいじめられる」

「PTAが無くなると子どもに迷惑がかかる」

「PTAに協力しない親は、わがままで自己中心的な人間」

 

私がPTAで役員をしている時も

反対意見の多くは「タラレバ」だらけの

妄想にも近いものばかりでした。

「任意周知にしたらPTAが潰れる」

「PTAの人数が減れば運動会ができない」などなど。

どんなに対案を提示しても

数十年に渡ってPTAに掛けられた呪いは

簡単には消せません。

 

しかも、その不安や呪いは

見えない鎖となり保護者同士を縛り付けています。

誰かが、その鎖を引いてPTAの外に出ようとすれば

「PTA全体が崩壊してしまう」=「なにか悪いことが起きる」

という呪いのもと

みんな全力で引き戻そうとします。

 

まさに、北九州であった監禁事件やオウム真理教のように

逃げたいと思いながらも、不安や呪いに勝てず、

互いを罰しながら、ずるずるとPTAという組織に監禁されている状態です。

 

私はこの呪いを解くため

鎖を断ち切り、一人でPTAの外に出ました。

 

当然、いじめも不都合なことも一切ありません。

(※そもそも、いじめが発生した時点で100%加害者の過失ですし

学校は放置できません。)

また、私はPTA役員を経験して

PTAが無くても(本校に関しては)学校は困らないと確信しています。

ですので、勿論子どもに迷惑がかかることもありません。

 

呪いの言葉を聞かずに

PTAを語れる日が来るのを心から祈っています。

 

 

 

 

さようなら細木数子

さようなら細木数子