読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元銀座のママと元小学校教師がPTA会長になって、ブラックPTAの改革に挑んでみた。

ブラックPTA改革に挑み、旧役員とママカーストと戦った元銀座のママと元小学校教師の記録です。

人は生き方が100%

突然ですが、私は人を見る目があります。

 

私は仕事柄、様々な年代や職業の方とお逢いします。

下は10代から上は70代まで

職業も大手企業の役員経験者から専業主婦

小指に傷持つ元その筋の方まで多岐に渡ります。

健康な方だけでなく、病気で苦労された方にも。

 

そんな中で私は「人は生き方が100%」だと気が付きました。

 

よく『顔が名刺代わり』と言いますが

それは外見で無く、言葉の端々や普段のさりげない仕草にこそ

その人の生き方が出ると感じています。

 

元ヤンで一見近寄りがたい印象すら与えるHさんは

実は誰よりも器用で、製本作業をさせたら右に出る人はいません。

 

猫と小説が大好きなシンママのHさんは

色々な事情を抱えながらも、誰よりも優しく

どんな人とも分け隔てなく

接することができる才能を持っています。

 

本が大好きなSさんは

石原さとみもビックリの校閲力(笑)で

私の膨大な資料を校正してくれました。

 

みんな外見からは計り知れない能力を持っています。

 

私はこの改革でいろいろな人の優しさに触れたのと

同時に、人の醜い部分もたくさん見る事になりました。

 

とくに、今回のPTA改革では

何度も人間の本性がむき出しになる瞬間がありました。

 

  • 形勢が不利になると判断するや、手のひらを返す人。
  • 平気で自己保身の嘘をつく人。
  • 心配する振りをしながら、悪口を聞かせたいだけの人。

 

美しく着飾っていても、生き方は隠せません。

ピンチの時こそ、それまでの生き方がむき出しになります。

 

今朝、私は娘にこれから起こるかも知れない

様々なことを想定して、意を決して話をしました。

 

「もし学校で何を言われても、ママは何も悪い事も、間違った事もしていない

。だから、あなたが謝ることは何も無い。ママは嘘をつかないで生きたいの。」

と。

 

娘はなぜ私がそんな事を言うのか、不思議そうにしていましたが

黙って抱きしめてくれました。

 

PTAでは「子どものため」という大人の嘘をたくさん見てきました。

私は、嘘をつき、周囲に合わせ、影で悪口をいう事が

子どものためとは思いません。

それは、大人自身が集団に属して安心したいだけです。

自分が散々影口を言いながら

なぜ子どもに「影口はいけない」と言えるのでしょうか?

 

私は、私と娘のために嘘のない、恥じない生き方をしたいと思います。