読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元銀座のママと元小学校教師がPTA会長になって、ブラックPTAの改革に挑んでみた。

ブラックPTA改革に挑み、旧役員とママカーストと戦った元銀座のママと元小学校教師の記録です。

メディアで紹介していただきました!

withnewsさんが当ブログを取り上げて下さいました!


先日の朝日新聞さんの記事に引き続き

たくさんのコメントを有難うございます!


 

「1年で改革するなんて無理」

もちろん、私たちもこの改革が1年でできるとは思っていませんでした。

まず骨子を決め、運用しながら

複数年かけて完成形を目指す予定でした。

退会したのは、退会の実績を作って

他の会員に選択肢を残したかったのと

旧体制のPTAに残ることは、現状を黙認していることになると

判断したためです。

 

「根回しやネゴが足りなかったのでは?」

私が一緒に活動していた会長は”元銀座のママ”です。

つまりある意味、根回しやネゴのプロです。

 

地域の会合には必ず参加し、周囲の学校や自治会の人たちとも

積極的に関わりコネクションを広げていきました。

 

反対派の人たちにも、個人的に何度も話し合い

時にはプレゼントを渡し

終いには家にまで上げてしまうくらいのお人好しです。

 

「1年でPTAの実情などわからない」

この改革案は私と会長だけで考えたものではなく

役員経験豊富な色々な人からの意見をまとめて

作成したものです。

 

…つまり

  • 元小学校教員である私のプレゼン能力
  • 元銀座のママである会長のコミュニケーション能力
  • そして、先輩ママたちの経験力

 

これを合わせても、現状のPTAを変えることができませんでした

 

私ができることはすべてやった。

でも、PTAは変えられなかった。

 

じゃあ、どうすればいいのか?

 

私が見つけられなかった答えを

このブログをきっかけに

誰かが見つけてくれることを祈っています。