読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元銀座のママと元小学校教師がPTA会長になって、ブラックPTAの改革に挑んでみた。

ブラックPTA改革に挑み、旧役員とママカーストと戦った元銀座のママと元小学校教師の記録です。

管理職とPTA

f:id:BLACKPTA:20170427064017j:plain

皆さんはどんな人が、校長先生や教頭先生になると思いますか?

立派な教育理念のある人?

児童・生徒からの人望のある人?

 

答えは「管理職試験」に合格した人です。

先生を対象にした予備校まであります。

www.kyoueigakuin.com

 

職員室の上座に鎮座されている

校長・教頭(副校長)・主幹教諭は

みんな管理職試験に合格した人です。

 

試験内容は、自治体によって差はあるものの

小論文と面接がメインです。

 

学校教員の人事ピラミッドは少し特殊です。

教員1年目も定年前のベテラン教員も

業務量や責任の差はあるものの

基本的に仕事の内容は同じです。

どんなに頑張っても、給与に反映されることはありません。

(この辺の評価制度がきちんと整っていない事が

現代教育の根本的な問題でもあると考えています。)

 

勤務年数以外で給与を上げたいのであれば

管理職になるしかありません。

 

では、どんな人が管理職になるのか?

それはコネを作るのが上手な人です。

 

管理職試験には、校長の推薦状が不可欠です。

そのため、管理職を目指す教員は校長に媚びを売りまくります。

(※もちろん、志の高い管理職の方もいらっしゃいます)

 

 

学校のモラルは校長によって決まる

極論で言うと「学校のモラル」は校長によって決まります。

なぜなら、学校内で行われる活動の最終決定権は

すべて校長にあるからです。

 

どんなに多くの教員が希望しても、校長がNOなら

絶対に通りません。

会社で言う「社長」が「校長」な訳です。

 

しかし、この校長。

社長と同じように良い人ばかりではありません。

 

前段で申し上げたように

管理職に一番必要な条件は

熱意や正義ではなく「コネ」です。

 

そして、校長が最も重要と考えるコネ

それがPTA(地域の重鎮)なのです。

 

 

 

校長先生になろう! (BP Online book)

校長先生になろう! (BP Online book)