読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元銀座のママと元小学校教師がPTA会長になって、ブラックPTAの改革に挑んでみた。

ブラックPTA改革に挑み、モンペとママカーストと戦った元銀座のママと元小学校教師の記録です。

クレーマー バトル・ロワイヤル

クレーム対応1st STAGE
「Mission:旧執行部役員に対応せよ」

 

最初に意見を言って来たのは、前年度の旧執行部役員でした。

昨年の副会長でもあるNは、私たちが就任当初から否定的な態度を示していました。

 

「PTA会室で飲食をしている!」←子供は教室で給食食べているのに?

「(不要な会議を中止にすると)勝手に活動内容を削減している!」
←話すことないのに?

「(だれも読んでいない会報誌をWeb化すると)紙じゃなきゃダメ!」
←なぜダメかは言わない

 

それも私たちに直接言うのではなく、

本部の中でいちばん気の弱い役員をターゲットにして愚痴るという

今思えばかわいいものでした。

 

ただ今年、なぜ役員未経験の1年生のママである

元銀座のママ(ママ多いw)がPTA会長になれたかと言うと

通常、前年度までに決まっているはずの会長候補に誰も立候補せず

執行部も誰も残らないという、彼らの無責任な行動の結果でもありました。

 

それを指摘すると、表面的なクレームは一時的には収束しました。

(もちろん納得はしていませんでしたが…)

 

クレーム対応2nd STAGE
「Mission:役員経験者に対応せよ」

 

PTA役員の負担軽減を打ち出すと、今まで役員を経験した保護者から

「来年から楽になるなんてズルい!私たちがバカみたいだ!」

(これは誇張ではなく、役員会や意見交換会で大勢の前で堂々と発言されました…)
とのクレームがきました。

 

また「1児童1回」を「1世帯1回」に改編する案に対しても

「1世帯1回だと兄弟の多い家庭が得をして、(一人っ子の)うちが損する!」

(これも誇張無し…)との意見が噴出しました。

 

改革における旧役員との軋轢は、どの組織にも起こることだと思いますが

女性が大半を占めるPTAでは、より露骨で感情的になります。

 

最近問題になっている「電車内でのマタハラ(妊婦に席を譲らない問題)」も

実は出産育児を経験した女性が

「私も苦労したのだから、お前だけ楽をする事は許さない」

と加害者になっているケースがあり、これと同じ心理状態かと思われます。

 

この手のクレーム対しては、

今までの役員活動に感謝を示した上で、理解を求めましたが、

これも納得してもらうまでには至りませんでした。

 

クレーム対応3rd STAGE
「Mission:作業量の少ない(楽な)部の部員に対応せよ」

 

つぎに襲い掛かってきたのは、作業量の少ない(楽な)部の部員達でした。

彼女らは「自分たちは何も困っていない。変える必要はない。」

と主張し、作業量の多い部が苦労している話をしても

「くじ引きで決まったこと。やれば出来るのだし問題ない。」

と他人事で、聞く耳を持ちません。

 

活動内容や負担の平等化の話をしても

「くじ引きこそ平等。

くじで決まったのだから仕方ない。(≒運が無かった本人の責任)」

など耳を疑う発言連発でした。

 

職業柄いろいろなタイプの方とお話して来ましたが

正直、ここまで価値観の違う方

「自分だけ良ければいい。他人が苦労しても構わない」

と公言して憚らないタイプ)

と出会ったのは初めてでした。

 

この頃には、HPはほぼ0。

どんなに話しても平行線で

たけしの挑戦状」でカラオケをやっているような理不尽さに(?)

精も根も尽き果てていました。


しかし、この後

さらに強力で理不尽なボスクレーマー

そして、最強ラスボス団体が待ち構えていたのです…

幻の改革案

改革案を公開して欲しいとのご要望を頂いたので

残念ながら廃案となった「幻の改革案」を

恥を忍んで公開したいと思います。

(ちなみに会則やマニュアルも作成しましたが

全て紙屑となりました…)

 

これがどなたかの力になれば幸いです。

Special Thanks to「かわいいフリー素材集 いらすとや

 

f:id:BLACKPTA:20170130210541j:plain

f:id:BLACKPTA:20170130210542j:plain

f:id:BLACKPTA:20170130210518j:plain

f:id:BLACKPTA:20170130210529j:plain

f:id:BLACKPTA:20170130210534j:plain

 

 

 

 

第3の壁「組織の再編成の壁」

本校には「運営委員会」と呼ばれる

執行部と各部の部長・副部長が集まる定例会議があります。

 

そこで、任意周知(入退会の自由)について話題が出たとき

「このままのシステムだと、自分は退会すると思う人いますか?」

と聞くと、なんと半数近い役員が挙手したのです。

 

つまり、「PTAはキツイ」というイメージだけでなく

実際に運営に携わっている人が辞めたいと思いながら

部長・副部長として運営をしている

悲惨な現状が見えてきました。

 

入退会の自由を保障するためには

「システムを再構築し、選ばれるPTAにならなければいけない」

 

ここから本格的な改編案の作成が始まりました。

各部から意見を聞き、話し合いを重ね

執行部有志が毎週末集まり、骨子を作成しました。

 

  • 「できる時に、できることを協力する」
    土日や平日夜 など作業時間によって募集をかける。

  • 「役員数の削減」
    作業内容を見直し、無駄を減らし
    部によってあった格差を無くし作業量を平均化する。

  • 「役員経験を児童単位⇒世帯単位へ」
    活動内容を効率化することで、役員を削減し
    1児童1回だった役員経験を、1世帯1回にする。

 

みんなで休みを削って考えた

ワーキングママも、子育てママも、パパも活動しやすい

理想のPTA案が出来上がりました。

 

希望を乗せて作成した「PTA改編案」は

結果的にすさまじいバッシングを巻き起こすことになります。

 

 

 

通常、PTAの活動内容は

前年度のPTA役員によって決められます。

 

手順としては

前年度の役員が翌年の活動内容を企画

翌年度の活動案を全世帯に配布

4月の懇談会で役員決定

4月末の定期総会で活動案を採択、新年度役員が就任

 

という流れになっていました。

 

もちろん、私たちもその手順で行うつもりでした。

しかし、今回は組織編制が大きく変わるため

事前に骨子案を配布して意見を聞こうということになりました。

 

しかし、結果は

「だれの許可を得て、こんなこと決めたんだ!」

蜂の巣をつついたような勢いで

バッシングが執行部に襲い掛かってきました。

 

しかも反対意見を言ってきたのは

もうPTAにはほとんど関与していない高学年の旧役員や

比較的作業量の少ない部の部員

学校でも有名の筋金入りのクレーマー などなど

普段はPTAに興味のない人たちでした。

 

そして、彼らのバッシング内容は

改編案の中身ではなく

「私たちが継承したシステムを

私たちに許可もなく勝手に変えようとしている!」

という感情論がほとんどだったのです。

 

そして、この後半年間

私はこのクレーマー集団のお客様センターとして

昼夜問わずのクレーム対応をすることになります…

 

第2の壁「会費の現金回収の壁」

多くの学校と同じように

本校のPTA会費も

学校による給食費との合算引落しが行われています。

 

今年、会計も担当していた私は

あることに気が付きました。

「学校運営助成金 10万円」

という謎の予算があり、使用目的として

「学校環境整備補助金・PTA行事ごみ処理費・教職員研修補助費」

とありますが、何に使用したかの記録が全くありません。

昨年の会計担当者に聞くと

「去年の教頭に明細を出してほしいと頼んだら『前例がない』と断られた」

と言うのです。

 

学校環境整備として物品を購入したのであれば

領収書が残っているはずです。

また、どれがPTAの出したゴミなのか判別できるはずもなく

そもそもゴミの処理費は税金で賄っているはずです。

そして、教職員研修補助費…

これは教員の飲み会や弁当代に使われていると思われます。

(※自分が現役教師のとき、運動会の弁当などが無料で振舞われていて

一体どこからお金が出てるのか不思議でした。)

 

これらの状況から

『「学校運営助成金」の使い道をハッキリさせて欲しい。

そうでないと会員に説明ができない』と伝えていました。

 

学校からの連絡がないまま

今年度分のPTA会費の受け渡しが行われました。

しかし、30世帯分ほど足りません。

例年は全世帯分支払われているはずなのに…

学校に問い合わせると驚愕の事実が発覚しました。

給食費未納者から回収できていない」

「未納者の情報は個人情報なので教えられない」

 

給食費の未納は20数年前からある問題で

今年突然、30世帯が払わなかったとは考えられません。

 

つまり、学校運営助成金」とは

給食費未納者の分をPTA会費で補てんする為の予算だったのです。

(その残額を教職員研修補助費に使っていたと思われます…

 

これらの問題を解決するには

PTAによる会費の回収が必要になります。

しかし、PTAは法人でも公人でもないため

口座からの引落し手数料や手続きの問題で

現金回収を計画しました。

 

しかし、改革反対派の中には、給食費未納者が多数おり

未納がバレないように反対活動をしていたのです。

 

第1の壁 「任意周知(入退会自由)の壁」

PTA改革を考えたときに

真っ先にしなければならないこと

それは「任意周知(入退会の自由)」でした。

 

昨年の菊池桃子さんの「PTAは負担発言」で

メディアでは、PTAに関する話題が盛んに取り上げられ

任意周知に関しても好意的な意見が大半を占めていました。

 

この波に乗れば、反対も少ないのではないか?

しかし、現実は甘くありませんでした。

 

「任意周知(入退会を自由)にしたら

退会者が出て会が潰れる!」

 

想像を絶するバッシングが吹き荒れ

退会者を阻害する法令遵守完全無視の

悪魔のような提案が大量に押し寄せました。

 

「退会者をPTA主催の学校行事に参加させない」

※差別行為。児童福祉的にNG

「(学校経由で支給される)PTAからのプレゼントをあげない」

※差別行為。児童福祉的にNG

「罰則として別のボランティアをさせる」

※強要・脅迫行為

 

まず、本部という立場から

1年間PTA活動を観察した結論から言うと

「PTAが無くても子供も教師も全く困らない」

ということです。

 

PTAが無くなって困るのは、学校の管理職(校長と教頭)だけです。

学校のお手伝いが必要であれば

学校が直接ボランティアを募集すればいいだけなのです。

PTAの保護者が

本当に「子供のため」と思って活動しているのであれば

PTAなど無くても参加するはずです。

 

ではなぜ、学校はPTAに依頼するのか?

PTA活動は「子供のため」ではなく「学校管理職の負担軽減のため」であり

PTAという集団の中では

保護者は、地域の噂や人間関係という鎖で繋がれているため

NOと言えないことを知っているからです。

 

そして、保護者も強制加入させられている苦しみから

「私達がこんな苦しい思いをしているのに、逃げるなんてズルい!」

というねじ曲がった嫉妬で互いの足を引っ張りあう

恐ろしい状況が続いているのです。

 

学校組織でもない団体に勝手に入会させられ

退会する自由も与えられない

これが法令遵守の観点から見ても違法であることは明確で

文部科学省でも「PTAが任意団体であることの周知」を呼び掛けています。

 

つまり「全国すべてのPTA会員には入退会の自由がある」のです。

 

PTA改革「3つの壁」

PTA改革を進めるにあたって

越えなければならない「3つの壁」がありました。

 

  1. 任意周知(入退会手続きの整備)
  2. 会費の現金集金
  3. 組織の再編成

 

第1の壁「任意周知(入退会手続きの整備)」

私が所属していたPTAも、会則に入退会に関する規約はなく

現在も完全な強制加入状態となっています。

 

第2の壁「会費の現金集金」

これも多くの学校と同じように、給食費との合算引落しが行われていました。

ここで大きな問題となったのは、給食費未納の家庭からは集金できておらず

個人情報の関係で、PTAは未納者の把握すらできていない状況だったのです。

しかも、学校側はそれを長年不正会計で誤魔化すという

信じられない事実が発覚します。

 

第3の壁「組織の再編成」

本校のPTA内は4つの部で構成されていますが

部による作業量の差が大きく

楽な部に希望が集中し、作業量の多い部は懇談会でくじ引き決定し

なすり付けるという地獄絵図が30年以上も続いていました。

 

この壁を越える為、苦心の改革作業が始まったのですが

それぞれの壁の前には、とんでもない敵が待っていたのです…