読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元銀座のママと元小学校教師がPTA会長になって、ブラックPTAの改革に挑んでみた。

ブラックPTA改革に挑み、モンペとママカーストと戦った元銀座のママと元小学校教師の記録です。

クレーマー バトル・ロワイヤル

クレーム対応1st STAGE
「Mission:旧執行部役員に対応せよ」

 

最初に意見を言って来たのは、前年度の旧執行部役員でした。

昨年の副会長でもあるNは、私たちが就任当初から否定的な態度を示していました。

 

「PTA会室で飲食をしている!」←子供は教室で給食食べているのに?

「(不要な会議を中止にすると)勝手に活動内容を削減している!」
←話すことないのに?

「(だれも読んでいない会報誌をWeb化すると)紙じゃなきゃダメ!」
←なぜダメかは言わない

 

それも私たちに直接言うのではなく、

本部の中でいちばん気の弱い役員をターゲットにして愚痴るという

今思えばかわいいものでした。

 

ただ今年、なぜ役員未経験の1年生のママである

元銀座のママ(ママ多いw)がPTA会長になれたかと言うと

通常、前年度までに決まっているはずの会長候補に誰も立候補せず

執行部も誰も残らないという、彼らの無責任な行動の結果でもありました。

 

それを指摘すると、表面的なクレームは一時的には収束しました。

(もちろん納得はしていませんでしたが…)

 

クレーム対応2nd STAGE
「Mission:役員経験者に対応せよ」

 

PTA役員の負担軽減を打ち出すと、今まで役員を経験した保護者から

「来年から楽になるなんてズルい!私たちがバカみたいだ!」

(これは誇張ではなく、役員会や意見交換会で大勢の前で堂々と発言されました…)
とのクレームがきました。

 

また「1児童1回」を「1世帯1回」に改編する案に対しても

「1世帯1回だと兄弟の多い家庭が得をして、(一人っ子の)うちが損する!」

(これも誇張無し…)との意見が噴出しました。

 

改革における旧役員との軋轢は、どの組織にも起こることだと思いますが

女性が大半を占めるPTAでは、より露骨で感情的になります。

 

最近問題になっている「電車内でのマタハラ(妊婦に席を譲らない問題)」も

実は出産育児を経験した女性が

「私も苦労したのだから、お前だけ楽をする事は許さない」

と加害者になっているケースがあり、これと同じ心理状態かと思われます。

 

この手のクレーム対しては、

今までの役員活動に感謝を示した上で、理解を求めましたが、

これも納得してもらうまでには至りませんでした。

 

クレーム対応3rd STAGE
「Mission:作業量の少ない(楽な)部の部員に対応せよ」

 

つぎに襲い掛かってきたのは、作業量の少ない(楽な)部の部員達でした。

彼女らは「自分たちは何も困っていない。変える必要はない。」

と主張し、作業量の多い部が苦労している話をしても

「くじ引きで決まったこと。やれば出来るのだし問題ない。」

と他人事で、聞く耳を持ちません。

 

活動内容や負担の平等化の話をしても

「くじ引きこそ平等。

くじで決まったのだから仕方ない。(≒運が無かった本人の責任)」

など耳を疑う発言連発でした。

 

職業柄いろいろなタイプの方とお話して来ましたが

正直、ここまで価値観の違う方

「自分だけ良ければいい。他人が苦労しても構わない」

と公言して憚らないタイプ)

と出会ったのは初めてでした。

 

この頃には、HPはほぼ0。

どんなに話しても平行線で

たけしの挑戦状」でカラオケをやっているような理不尽さに(?)

精も根も尽き果てていました。


しかし、この後

さらに強力で理不尽なボスクレーマー

そして、最強ラスボス団体が待ち構えていたのです…