読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元銀座のママと元小学校教師がPTA会長になって、ブラックPTAの改革に挑んでみた。

ブラックPTA改革に挑み、モンペとママカーストと戦った元銀座のママと元小学校教師の記録です。

クレーマー バトル・ロワイヤル2

クレーム対応SEMI-FINA
「Mission:ボスクレーマーに対応せよ」

 

公立の小学校というのは

いわば地域の縮図です。

 

良い人もいれば悪い人もいます。

健康な人もいれば、病んでいる人もいます。

すべての親が善人ではないのも事実です。

 

520世帯1000人以上の保護者のいる本校も

それは例外ではありません。

 

ある日突然送り付けられた

支離滅裂な文章で書かれた

3000字はあろうかという意見書…

それが、ボスクレーマーMでした。

 

  • 自分の子供の担任に「教師失格だ!」などと書かれた
    意見書を毎年送り付ける。
  • 同級生の医師に「インフルエンザの予防接種を無料で実施しろ!」と要求し
    拒否すると、近隣の病院にその医院の誹謗中傷メールを送る。

 

など、まさに筋金入りのクレーマーだったのです。

 

今回も部員の連絡網を利用して、部長の許可なく

改編を誹謗中傷するメールを拡散しまくり

連絡網を私的利用しないように注意すると

文頭に記名し、自分のアドレスから送付しているにも関わらず

「私が送ったものではない!ネット怖い!」

と昼ドラも真っ青の演技でシラを切る…

 

このイタチごっこが何回か続き

最初は他の保護者と同じように、丁寧な対応を心がけていた私も

「このままでは埒が明かない。気の弱い人が犠牲になっている。

ここは毅然とした態度で対応しよう」

と執行部に提案しましたが

「子供が何をされるか分からない。怖いから嫌だ。

誰も相手にしないだろうから、放っておこう。」

と反対され、放置することになりました。

 

そして、この時の判断を

私は最後まで後悔することになります。

 

今まさに世界に吹き荒れる

post-truth(脱・事実)」(嘘の情報に民衆が扇動される)

現象が、この小学校でも起こったのです…