読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元銀座のママと元小学校教師がPTA会長になって、ブラックPTAの改革に挑んでみた。

ブラックPTA改革に挑み、旧役員とママカーストと戦った元銀座のママと元小学校教師の記録です。

理解の壁とPTA

f:id:BLACKPTA:20170427064039j:plain

 

言い訳がましく聞こえると思いますが

私はPTAで活動中は

「どんな相手でも粘り強く話せば理解しあえる」

と信じて活動していました。

 

ほぼ毎日のように来る、横暴な意見や無茶な質問にも

感情を出さずに冷静に対応してきました。

 

毎日浴びせられる誹謗中傷や無理難題に

サンドバックのように、ひたすら耐えて誠意を持って対応すれば

きっといつか解かってもらえると信じていました。

 

しかし、現実は甘くありませんでした。

 

耐えれば耐えるほど

誹謗中傷は激しさを増し、デマが拡散されていきました。

 

いちばん悔しかったのは

PTAを勝手に変えるな!という感情論に終始して

改革の内容に触れられることが

ほとんど無かったことです。

 

このブログはPTAの現場で苦しんでいる人が

こんな理不尽な状況にいるのは自分だけではない。

自分がやっている事は間違いではないと

伝えるために始めました。

 

PTA改革は本やメディアで書かれているような

綺麗事ではありません。

 

誹謗中傷、多数派工作、造反と

まさに『政治』の世界です。

 

私がPTAを辞めたあとに感じた様々なことを吐き出すことで

その現実を知って欲しかったのです。

 

この対立を終えて

理解の壁を超えるのは、並大抵のことではありません。

しかし、行動しなければ、なにも動き出しません。

 

私の屍を超えて

だれかがこの理解の壁を越えてくれる日を願っています。

 

 

バカの壁 (新潮新書)

バカの壁 (新潮新書)